子供の習い事のお悩み

こどもの習い事の送り迎えの大変さをやわらげる方法

習い事大変さを和らげるアイキャッチ

はてな

  • 子どもの習い事の送り迎えが大変な理由
  • 大変さを和らげる方法は?

といった疑問をお持ちの方に向けた記事です。

 

子どもが習い事に通っていると送り迎えが大変ですよね。

家事や仕事もその時にあわせて中断。

子どもの習い事に合わせてスケジュールしなければならない点がしんどい。

習い事やめさせようかな?へらそうかな?と思うこともありますが、子供には自信を持てるスキルをたくさん身につけさせてあげたい。

なんとか習い事教室までの送り迎えの親の負担を和らげる方法はないものでしょうか?

私自身も大変に感じたことがあり方法をいろいろ試してみました。

ネット上の経験者が対応した方法も含め、本記事では習い事の送迎の大変さの理由とやわらげる方法をご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

子どもの習い事が大変と感じる点

習い事の図

子どもの習い事が大変と感じるのはこのような点ではないでしょうか。

 

仕事や家事が中断される

仕事をしている方でしたら習い事の送り迎えに合わせて帰宅したり中断する。

家事をしていても子どもを送る時間に合わせて終わらせるように頑張ったりします。

迎えの時間でまた中断するのもしんどいです。

習い事の送り迎えを中心に時間をつくらないといけないのが辛いですね。

 

ママ友に混ざって待つのがつらい

教室の廊下であいさつからコミュニケーションとろうと頑張るのですが、いずれ会話する話題も尽きて・・・。

ママさんどおしもお互いに会話が弾んでいるようにも見えないので気持ちはきっと一緒なのでしょうね。

 

小さい子も教室に連れていかなければならない場合

まだ小さい弟、妹がいると迎えに連れていかなければならない点も大変です。

騒がないようにしているのをみると神経つかっているのを感じます。

 

弟、妹が別々の習い事教室に

兄弟姉妹がいて別々の習い事をしていると送り迎えも増えてしまいます。

同じ教室に通っていても終わる時間はバラバラだったりして、待っているのにも時間もかかるのは大変です。

 

教室の駐車場がない、狭くて止めるスペースがない

駐車場がない、あっても止めるスペースが少ない教室があります。

街中の教室だと道路は広いけど、駐車場がないことも。

教室周辺は親の車で渋滞。

周辺の道路に送り迎えの車の列を作ったりしていると歩行中の子どもも危ないですし、自分も車でその列の中に入るのは大変です。

送り迎えが大変に感じる点ではないでしょうか。

 

習い事の送り迎えの大変さをなんとかしたい

こどもを送迎する図

習いごとの送り迎えの大変さをふまえての和らげる方法を説明していきます。

 

送り迎えの時間を有効活用

習い事の送迎で何が一番大変かというと時間管理かと思います。

送ってまた迎えに行く間の時間が特に無駄に感じることはないでしょうか。

その時間は買い物をする時間にする、リラックスする時間に充てるなどの工夫で解決します。

待ち時間を有効活用する方法はこちらにまとめています→子どもの習い事の待ち時間をなんとかする方法7選

 

近場の教室がある習い事にする

そもそも教室までが遠いと車で送迎したり時間がかかります。

それなら車で行く必要のない近場の教室に変更するということも検討します。

遠い教室まで通っている時と比べると格段に時間もストレスがなくなりますよ。

 

送迎のサービスを利用する

習い事によっては送迎のバスがあるものがあります。

送迎のサービスを利用すれば親の負担をかなりへらすことが可能です。

 

自治体が運営しているファミリーサポートセンターを利用する

ファミリーサポートセンターはお住まいになっている自治体で運営している育児の応援をして欲しい人と、 応援したい人を取り持ってくれる組織です。

習い事の送迎も対応してくれますが、小さい子どもを預かってもらうということもできます。

比較的安い費用で対応してくれますので、一度お住まいの役所にある子育て支援課に連絡して相談してみるという手があります。

 

こちらの記事にも簡単にふれていますのでぜひご参考に→小学生の習い事の送り迎えはいつまですればいい?送迎をなんとかする手段

 

駐車場がない、止めるスペースがない習い事教室

駐車場がない、あっても止めるスペースが少ない教室があります。

そういった教室には周辺に車列ができるせいでクレームなどが入ることも多く、少し離れたところに駐車場を確保してあることがあります。

まずは習い事教室で駐車場の場所を聞いてみたり(無いなら場所を確保してもらう提案をさりげなく)か、授業の終了時刻をずらして子どもが順番に帰れるように対応を相談してみてはいかがでしょうか。

申し入れがなかなか聞き入れてもらえない場合は、別の習い事に変更するといったことも検討する必要がありそうです。

 

オンラインの習い事なら送り迎え自体が不要

プログラミングする子供の図

送迎の手間が一切かからないのがパソコンを使ったオンラインの習い事です。

大事なのは「子供が興味をもって続けることができる」と「親がしんどくない」の両立

これができないと、どこかにしわよせがきて継続がつらいものに。

でもオンラインの習い事なら両立ができるものが多いです。

例えばオンライン英会話やプログラミング教室です。

 

今選ぶならプログラミング教室ではないでしょうか。

小学校でもプログラミング授業が始まり、2025年からは大学の共通試験の科目にもなります。

またソフトやアプリといったモノを作れるスキルというのは将来の働き方の選択肢を広げてくれます。

もし、無料のオンラインプログラミング教室の体験教室について調べるならこちらの記事を参照してみてください。 →【体験比較】おすすめの小学生のオンラインプログラミング教室

 

以上、「こどもの習い事の送迎が大変・・・親の負担をやわらげる方法」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では。

-子供の習い事のお悩み