子供の習い事のお悩み

子どもの習い事の待ち時間をなんとかする方法7選

待ち時間アイキャッチ

本記事は

はてな

  • 子どもの習い事の待ち時でなにしよう?
  • 待ち時間を有効活用する方法は?

というお悩み解決のために説明します。

 

私も子どもの習い事の送り迎えをしていました。

教室が近からず遠からずのびみょうにはなれた場所でしたので、送って、帰って、また迎えに行く。

往復する意味って・・・。

そこで習い事教室の廊下などで待つことに。

でも子どもの習い事での待ち時間ってムダに感じてしまいます。

 

子どもががんばってるんだから親も少しガマンが必要なのかもしれませんが、やはり待ち時間って苦痛です。

子どもにとって有益な時間でも待っている親には時間がもったいない

子どもの習い事の待ち時間を有効活用する実践したものも含めて7つを紹介します。

子どもの習い事の待ち時間もつらくなくなるかと思います。

 

そもそも送り迎えの負担をなんとかできないかとお考えでしたら、こちらの記事もご参考に→こどもの習い事の送迎が大変・・・親の負担をやわらげる5つの方法

 

子どもの習い事の待ち時間はスキマ時間!有効活用する方法7選

時間の有効活用の図

子どもの習い事の待ち時間。

ムダと思うよりスキマ時間として有効活用することを考えたいところです。

普段忙しい方は子どもの習い事の待ち時間をリラックスタイムに充てるというのもよいですよね。

実践してみたものも含めて順番に説明していきます。

 

買い物の時間にする

待ち時間を買い物の時間とします。

このように時間を使われている方は一番多いのではないでしょうか。

教室の近くのスーパーで買い物をして終わりに迎えにいくとちょうどいい時間になることも。

習い事の待ち時間は買い物の時間にするとムダがありません。

 

子どもの習い事の様子をみる

習い事の教室で授業参観します。

上達ぶりを確認できたり、先生とのコミュニケーションから家の中とはちがう面が確認できます。

 

習い事に付き添うメリットはこちらにもまとめました。気になる点がありましたらぜひ読んでみてください→習い事の付き添いはいつまでするの?しんどいだけではない良い点も

 

スマホでユーチューブ

以前はスマホのパケットの容量も余裕がなくて、動画をみたりするとすぐにパケットの限界がきてしまいました。

でもいまは月のパケットの容量も大きくなって時間をつぶすのにはおすすめの方法です。

 

同じ習い事に通って待っているママさんたちと会話

コミュニケーションが得意な方には意見交換の場なので有益な時間がすごせそうですね。

ママ友を作る場としても、同じ習い事を習っているママさんたちと会話するのは良いですね。

 

でも、コミュニケーションが苦手な方には少し苦痛かも。

子どもの習い事の話題から学校の様子など共通の話題もいずれネタはつきて・・・。

 

本、マンガを読む

本やマンガをよんで時間を有効活用するのもいいですね。

スマホで電子書籍を読むというのも良いかと思います。

画面を見続けるので目が疲れるところが気になりますが、電子書籍なら持ち運びもスマホだけですむので便利です。

 

資格の勉強

習い事30分の待ち時間でも月4回で2時間、年間で28時間をすごすことになります。

資格の勉強として基礎知識を覚えることに「スキマ時間」をあてるのは悪くありません。

資格の勉強としては少し足りないスキマ時間ですが、比較的に簡単な資格の勉強時間なら有効に利用しない手はありません。

子どもが習い事をしてスキルを身につける時間に、スキルアップを目指すというのもいいですよね。

 

一番快適なのは車ですごす

車ですごす図

これが一番快適な習い事の待ち時間をつぶせる方法でした。

普段忙しいとリラックスできる時間が限られてしまいますが、車の中ならプライベートな空間でもあるのでリラックスする時間にあてます。

スマホでユーチューブみてても音量を気にする必要もなく快適。

 

でも冬は暖房、夏は冷房必須。

エンジンかけておかないといけないし、ガソリン代もバカにならないのが難点です。

 

待ち時間のない習い事にすることで解決

オンライン 習い事の図

 

私の家では、その時に習っていた習い事はあまり続かずやめてしまいました。

でも子どもには将来に役に立つ習い事をさせてやりたい。

いろいろ調べた結果、オンラインで自宅でできる習い事にしたのです。

そのおかげで待ち時間のすごし方を考える必要がなくなりました

 

インターネットやカメラとマイクのついたパソコンがあればオンラインの習い事をうけることができます。

英会話や学習塾は以前からよく見かけましたが、いまは絵画教室やダンス教室もオンラインでできるようです。

いずれも続けることができれば、将来役にたつスキルを身につけることができるかとおもいます。

 

まとめ

プログラミングを楽しむこども

習い事の待ち時間を有効活用する方法7つを説明してきました。

ムダな時間とかんがえるよりも、有効活用することに意識を向けると気持ちが楽になります。

今はスマホ一つあれば情報を集めることもリラックスをするにも便利です。

小さい方の子どもを連れている時や兄弟でそれぞれ違う習い事をしていることもあるので、ご紹介した7つのうち実践できるものは限られるかと思います。

でも、どれか試すことができると楽になることを実感できます。

 

ちなみに私の家ではオンラインの習い事にすることでこの悩みから解放されています。

もしお子さんの習い事としてどれがいいか悩んだら、オンラインプログラミング教室を選択してみてはいかがでしょう

2020年度から学校教育でもプログラミング教育が始まりました。

国の教育の方針が、子供たちが将来プログラミングを通して論理的な思考ができるようになることやITに強い人材を育てる目的を含めることとなったからです。

プログラミング自体は独学でも習得は可能ですが、やはり難しいスキルでもありますのでしっかりと教えてくれる教室に通うというのも選択肢の一つです。

自宅でできる習い事ですので、送迎や教室での待ち時間のすごし方をかんがえる必要もありません。

オンラインプログラミング教室でしたら、お子さんにとって今以上のIT社会に適応できるスキルの習得ができるかとおもいます。

 

オンラインプログラミング教室について体験受講して比較しています。ぜひ読んでみてください。→【体験比較】おすすめの小学生オンラインプログラミング教室

 

-子供の習い事のお悩み