子供の習い事のお悩み

小学生の習い事の送り迎えはいつまですればいい?送迎をなんとかする手段

送り迎えいつまでアイキャッチ

 

本記事は

はてな

  • 習い事の教室への送り迎えはいつまでやるべき?
  • 送り迎えを減らしたり、なんとかするいい方法はない?

そんな疑問をお持ちの方に説明します。

 

習い事の送り迎えしんどいですよね。

子どもが学校から帰ってきてからなので夕方のあわただしい時。

送り迎えの往復にも時間がかかるし、時にはそのまま教室で付き添いも。

兄弟が小さかったりすると一緒につれていかないといけない。

時間がいくらあってもたりません。

でも子ども1人で習い事教室までいかせるのは不安しかない。

子どもがいくつになるまで続けなきゃならないんだろう。

 

今となっては我が家ではこの悩みからは解放されています。

本記事ではネットでの情報や自身の経験を踏まえた解決方法をまとめました。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

子どもがいくつになるまで習い事の送り迎えをするべき?

送り迎えの図

調べてみてもいろいろな意見があります。

同じ悩みをお持ちの方や習い事の送り迎えを続けたきた方々の意見を抜粋するとこのようになります。

ポイント

  • 教室までの歩道がせまい、交通量が多いなどで判断
  • 警察署や交番が少なくて人通りも少ない場所なら送り迎えは続けた
  • 女の子の場合は1人だけでは通わせられない
  • せめて小学校高学年になるまでは続けた

 

意見のまとめ

結論としては子どもの習い事の送り迎えは「いくつまででも必要とあれば」とする方が圧倒的に多いです。

1人で習い事の教室に行かせるのは不安と心配なためという理由からです。

事故の心配もありますし、不審な行動をおこす人もいます。

子どもに習い事をさせると、つねに道中に不安がついてきます。

辞める時まで送り迎えをする心持ちは必要ですね。

 

遠い習い事教室へ通わせていた方の経験や心持ちはこちらにまとめてみました→習い事教室までが遠い・・・続けるべきか悩んだ時は?

 

1人で通わせる不安を少しでも解消

キッズ携帯の図

1人で通しても習い事に通わせるなら、教室までの通う道のルートと時間は決めておき寄り道は禁止にしておいた方がよいでしょう。

また、こんな装置のどれかは持たせた方がよいです。

  • 防犯ブザー
  • スマホ(位置情報は検索できるように)
  • 子ども用GPS装置(「みてねみまもりGPS」や「GPS Bot」など)

何かあっても助けを呼べるようにしておくと安心です。

 

持たせた装置はいつでも使えるように使い方を練習しておきます。

というのも安全装置って必要な時にあわてて使えないことが多いからなんです。

警備員でも警察官でさえ助けを求める発信装置をもっていますが、つねにいつでも使えるように練習しています。

スマホでもGPS装置でもお子さんがいつでも使えるように練習しておくことが必要ですよ。

 

もっとも、なるべくそんな装置をつかう必要がないようにしておきたいですね。

 

習い事教室までの送り迎えを少なくする手段

解消の図

次からは送り迎えの負担が少なくなる具体的な方法をご紹介します。

 

行きは1人でも帰りだけは迎えにいく

このような選択をされる方も多いようです。

行きはまだ明るくて人通りもあるので大丈夫に感じますが、帰りは暗くて心配になるからですね。

もっとも女の子の場合、人通りや車があっても不審者に追いかけられたといった話も聞きます。

帰りだけ迎えにいくというのはすこし心配が残りますので、道中の様子を含めてよく考える必要がありそうです。

 

親の親にお願いする

おじいちゃん、おばあちゃんにお願いをして送り迎えをしてもらいます。

身内なので気がねなくお願いできるのがいいところ。

孫の面倒を見るのが苦でない方なら快く引き受けてくれるかと。

でも毎回だと気が引けてしまうこともあるので、交代でお願いするなど工夫されている方もおおいです。

 

習い事をパパママの休みの日にあわせる

片親だけが習い事の送り迎えをしているとしんどくなってきます。

土日や曜日を変更できる習い事ならパパママの休日にあわせ、お互いに交代できる状況にすることでもだいぶ負担が減りますね。

 

送迎サービスのある習い事

送迎サービスのある習い事を選ぶのも安心です。

たとえばスイミングスクールは送迎のバスを出しているところがあります。

家から近いバスの発着場があるか(そこまでは送迎がいるかも)確認してから選択するとよいかと思います。

 

タクシーを利用する

送り迎えにタクシーを利用するといった方法をとられる方もいます。

お子さんが女の子なら女性の運転手にお願いできるタクシー会社もあります。

女性の運転手の方がお子さんも親も安心できそうですね。

 

もっとも女性のタクシードライバー自体の割合が少ない(タクシー運転手全体で2から3パーセント程度)ので依頼できるか聞いてみる必要あります。

料金が少し高額になるのが弱点です。

 

ファミリーサポートセンターの送迎サービスを利用

すでに習い事に通っていたら、送り迎えを依頼できるファミリーサポートセンターの利用と検討してはいかがでしょう。

ファミリーサポートセンターは各自治体で運営されている組織です。

習い事の送り迎えは、かなり安い料金で対応してくれます。

ただし各自治体によって依頼可能な内容やお子さんの対象が違いますので、お住まいの自治体名とファミリーサポートで検索してみてください。

 

ちなみに愛知県のある自治体のファミリーサポートセンターの例をあげておきます。

ポイント

  • ファミリーサポートはお近くの自治体で運営している育児の応援をして欲しい人と、 応援したい人の相互援助組織です
  • 対象は0歳から小学校を卒業する13歳まで
  • 保育園の送り迎えや習い事の送り迎えの対応もできます
  • 1回1時間600円 送り迎えだと2回分の費用
  • 依頼するには説明会の参加と会員登録が必要

一見便利なファミリーサポートセンターですが注意する点もあります。

注意ポイント

  • 育児の応援をしたい人が少ないと依頼ができない
  • 育児の応援したい人がいてもお互いの希望の曜日や時間、場所などがマッチせずサービスを受けれないことことがある

 

オンラインの習い事を選ぶ

オンラインの習い事

自宅でできる習い事なら一番不安がありません。

我が家ではこの選択をしました。

もし今の習い事をやめて次を探しているならオンラインの習い事を選んではいかがでしょうか。

今は子どものための英会話やダンス教室などオンラインの習い事がたくさんあります。

 

将来的にも役にたち、楽しくて続けやすいオンラインプログラミング教室もいいですよ。

こちらに記事をまとめていますのでぜひご参考ください→【体験比較】おすすめの小学生オンラインプログラミング教室

 

 

同じ習い事に通う友達と一緒に通わせる

1人で通うことは極力避け、同じ習い事をしている子といっしょに通う方法もあります。

でも子どもだけで通うという点に不安を感じる方もいるのではないでしょうか?

何かあった時のために防犯ブザーやスマホなどを持たせるなどの方法を用意しておくべきかもしれません。

 

親どおしで持ち回りで送り迎え

親どおしの関係にもよりますが、持ち回りで送迎するという手もあります。

ママ友でお互いに助け合えば、交友が広がるきっかけになることも。

ただヨソのお子さんの送り迎えの上に何かあった時の責任・・・。

持ち回りの送り迎えのトラブルはよくきく話ですので、なるべくなら避けたいところですね。

 

まとめ

子どものための習い事ですが、親の負担が大きいと顔や態度にでてしまい子どもに気を使わせることになるでしょう。

自然と子どもにとっても習い事がつらいものになり、続けることができないようになってしまうこともあります。

 

どうしても1人で通わせるなら教室までの道に不安な点がないか、交通量などの情報をあつめてからにします。

スマホやGPS装置を持たせるなどの工夫があるとより安心できます。

 

また身近な人や有償のサービスにお願いする、あるいは送迎サービスがある習い事に変更するなどの工夫でもかなり負担をへらすことができるでしょう。

私の家ではオンラインプログラミング教室の習い事に変更したことで負担や不安がなくなりました。

送り迎えの時間の貴重さや1人で通わせる不安を考えるとオンラインの習い事の選択はわるくないですよ。

オンラインプログラミング教室については別記事にしていますのでぜひ読んでみてください→【体験比較】おすすめの小学生オンラインプログラミング教室

 

以上、参考になれば幸いです。

最後までよんでいただきありがとうございました。

では。

 

-子供の習い事のお悩み