プログラミングスクールの体験・口コミ

こんなこともできるように!テックキッズオンラインコーチング半年の学習効果

テックキッズ半年のアイキャッチ

本記事は

テックキッズオンラインコーチングの学習の効果は?

受講して半年したらどう変わった?

といった点について説明します。

 

小学3年生の娘もテックキッズオンラインコーチングを受講して半年経ちました。

学習の効果の一つの例としてご紹介します。

テックキッズオンラインコーチングの様子を知りたい方や

受講を迷っているようでしたら

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

「Tech Kids Online Coaching」無料体験会 詳細・お申込みはこちら!

 

テックキッズオンラインコーチングの受講から半年の学習効果

受講して半年したらどうなった?学習効果は?について説明します。

結果として、半年でゲームを一つ作成して発表会に参加するまでになりました。

 

簡単にまとめると

ポイント

  • 1ヶ月の期間でゲームを一つ完成させる
  • 作成したゲームのプレゼン資料も作成
  • 発表会に参加

こんなことが半年でできるようになりました。

 

覚えたプログラミングの知識をつかってゲームを作るだけでなく

ゲーム作成のための資料や発表のためのスライドまで作れるようになってました。

大人が会社でプレゼンする時とあまり変わらないことしてます。

「あれ、こんなこともできるの!?」

正直おどろいてしまいました。

 

発表会のためにゲームを制作

完全オリジナルではなく「QUREO」で利用したゲームの改造するという形で制作を始めました。

ゲーム作成中のイメージ図

文字の入力で条件が分岐する学習用ゲームが面白かったのでそれを改造していきます。

フィクサーとの戦い

 

もともとは文字を読んで進めるアドベンチャー形式のゲームだったのですが

フィクサーとの戦い2

 

完成させた時はボタン連打必須で戦闘アクションのある別種のゲームになりました。

フィクサーとの戦い5

プリキュアの影響か、いざとなったらキャラクタが変身して戦うというスタイル。

 

思い付いたことをゲームにして表現できることにあらためて気がついたみたいでした。

プログラムを習ったかいがあったと感慨深いものを感じました。

 

テックキッズの発表会

テックキッズではオンラインと通学の受講生との合同発表会です。

テックキッズでは半年に一度発表会が開催されています。

強制ではなく、自由参加となってます。

テックキッズ発表会の様子

オンライン会議ツールを使って多くのお子さんが発表会に参加していました。

 

テックキッズスクールの通学教室では「QUREO」だけでなく

「スクラッチ」でオリジナルキャラクタを作ってゲームを制作されたお子さんや

「Unity」を使って作り込んだゲームを発表しているお子さんまで参加していました。

1ヶ月の短い期間にもかかわらず、自由な発想とプログラミング技術を駆使して作品を制作されたことに驚かされました。

 

「Tech Kids Online Coaching」無料体験会 詳細・お申込みはこちら!

 

おとなが子どもと一緒に「QUREO」を学んで気がついた点

子どもに付き添って一緒に「QUREO」を進めて気がついた点。

それはとにかくプログラム学習がわかりやすい!ということでした。

 

プログラムを読むことに抵抗がなくなった

書かれたプログラムを読むことに抵抗がなくなったと感じます。

先日、本屋さんで電子工作の雑誌の中のプログラムが目に入りました。

ながめてみると、変数の宣言と初期化とか。

なにかの計算をしているであろう構文。

解説ものっていましたので答え合わせをしましたが

大きく外していなかったんです。

なんの言語かはわかりませんが、何が書いてあるのかなんとなくわかるようになってました。

おそらく言語は違ってもプログラムの組み方には共通点が多いのでしょう。

 

テックキッズのプログラム学習「QUREO」の強み

わかりにくいプログラムの基本を

実際に使って組んでみて

遊んでみて

理解できる点が「QUREO」の強みと感じました。

 

たとえばプログラムを学ぼうとすると必ず「変数」といったプログラム用語を覚えることになります。

「変数」は他のプログラミング教則本でも「箱」にたとえられることがおおいです。

でもどうでしょう?

「変数」は「箱」といわれてピンときますでしょうか

 

「プログラムに箱?段ボール箱?プラスチック容器?大きさは?」

私は当時プログラムの他の教則本を読んだとき「変数=箱」といわれてもまったくピンときませんでした。

疑問を残したままよく理解できず、結局プログラミング学習をやめてしまったんです

 

「QUREO」でも「変数」は「箱」と説明します。

でもその箱の使い方をゲームを使ってすぐに教えてくれます。

変数は数字や文字を入れておく箱なんです。

 

例えば「変数の箱」の名前を「体力」にしたら、その箱は「体力の箱」になります。

箱の中身が0になったらゲームオーバーにしたり

体力の箱を10から100にして強くしたり

3より少なくなったら弱っている風の絵にしたり。

 

箱の中身の変化をきっかけに別の動作をさせる

そんなことができるようになります。

 

ゲーム制作を通して「変数」を覚えると

具体的な例をつかって「変数」が理解できるようになるんです

「QUREO」では変数だけの説明に終わりません。

関数」「計算」「条件」などプログラムの基本を

数々のゲーム制作を通して使って覚えます

それが「QUREO」の強みです

 

お子さんがプログラミングを学ぶならテックキッズを選ぶべき

プログラミング教室はたくさんあり

それぞれに「学びやすくする工夫」と

「確実にスキルの習得をめざす」サービスを提供されています。

 

それでもあえて言い切ります

プログラミングを学んでみたいお子さん。

プログラミングを覚えさせてあげたい親御さん。

テックキッズを選んでみてください

きっと腹が立ちますよ、分かりやすすぎて

いままで見てきたことはなんだったんだと。(おおげさですが・・・)

 

興味のある教室を比較してみても良いかと思いますが

迷ったならテックキッズがいいんじゃないかと思います。

 

「Tech Kids Online Coaching」無料体験会 詳細・お申込みはこちら!

 

以上、「こんなこともできるように!テックキッズオンラインコーチング半年の学習効果」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では。

-プログラミングスクールの体験・口コミ