プログラミング教室の体験・口コミ

LITALICOワンダーオンラインの評判口コミ 気になる料金は?

リタリコワンダー 料金学習効果

 

 

この記事は

はてな

  • リタリコワンダーオンラインのコースごとの料金がしりたい
  • リタリコワンダーオンラインの学習効果がしりたい
  • 入会するときには知っておきたいこと

といった疑問をお持ちの方に説明します。

 

いくつかのオンラインプログラミング教室を受講した際に調べてみました。

公式ページではそれぞれのコースごとのページに料金記載されています。

本記事では比較しやすくするため一つのページにまとめました。

リタリコワンダーの料金や学習効果といった特徴から自分のお子さんが受講の選択の判断材料になるかと思います。

 

リタリコワンダーオンラインの無料体験前によんでいただくと雰囲気や必要な注意点がわかります→LITALICOワンダーオンラインの体験口コミ 知っておきたい注意点も

 

リタリコワンダーオンラインの気になる料金は?

リタリコワンダーLP画像

オンライン授業が受けられるのはこちらの4つのコースとなっています。

  • ゲーム&アプリプログラミングコース(scratchをつかったビジュアルプログラミング)
  • ゲーム&アプリエキスパートコース(unityをつかったテキストプログラミング)
  • ロボットクリエイトコース(LEGOをつかったロボットプログラミング)
  • ロボットテクニカルコース(LEGOをつかった上級ロボットプログラミング)

共通の料金である入会金は16500円(税込)です。

各コースごとに料金が変わってきますので次の項目で説明していきます。

 

リタリコワンダーオンラインのコースごとの料金

各コースごとの料金をまとめました。

ゲーム&アプリプログラミングコース

ゲーム&アプリプログラミングコースの料金をまとめます。

対象年齢小学生〜高校生
授業回数月4回
入会金16,500円
料金4,400円(1回60分)

基本は週一回の月4回で19800

2回月835200円のコースも

教材費0円
学習する言語Scratch

料金の表記は全て税込です。

ゲーム&アプリプログラミングコースでは Scratch(スクラッチ)というビジュアルプログラミングを使ってプログラミングの基礎を学んでいきます。

 

ゲーム&アプリエキスパートコース

ゲーム&アプリエキスパートコースの料金をまとめます。

対象年齢小学3年生〜高校生
授業数月4回
入会金16,500円
料金5,500円(1回60分)

基本は週一回の月4回で24200

2回月844000円のコースも

教材費0円
学習する言語

Unity (C#)、HTML / CSS、JavaScript

料金の表記は全て税込です。

Unityという本格的なゲームをつくるツールやC#というプログラミング言語、Webページを作るためのHTML/CSSといった言語などを学んでいきます。

大人や企業でも使用するプログラミング言語と同じものを教材としています。

 

ちなみにUnity(ユニティ)は聞きなれない言葉ですが、ゲームを作るためのソフトです。

UnityではC#という言語をつかってプログラミングを組みます。

市販されているレベルのゲームソフトも作ることができます。

つくられたゲームの代表的なものはポケモンGO、ポケモンのダイヤモンド・パールのリメイクなどがあります。

 

ロボットクリエイトコース

ロボットクリエイトコースの料金をまとめます。

対象年齢年長〜小学3年生
月の授業回数月4回
入会金16,500円
料金4,400円(1回60分)

基本は週一回の月4回で19800

2回月835200円のコースも

教材費0円

料金の表記は全て税込です。

有名なLEGOのブロックをつかってロボットをつくります。

パソコンでプログラミングを行い、つくったロボットを動かします。

マウスのかんたんな操作でプログラミングをするので、はじめてでも簡単に動かすことができます。

ロボットをつくって動かすことで、モーターやセンサーの使い方やプログラミングの基本を学びます。

 

ロボットテクニカルコース

ロボットテクニカルコースの料金をまとめます。

対象年齢小学3年生〜高校生
授業数月4回
入会金16,500円
料金4,400円(1回60分につき)

基本は週一回の月4回で19800

2回月835200円のコースも

教材費0円

料金の表記は全て税込です。

モーターやセンサーの仕組みを理解しながら、プログラミングでロボット制御を学びます。

Scrath(スクラッチ)のようなかんたんなマウス操作するプログラミングを組むだけでなく、AIやインターネットをつかって機械を動かす専門的なプログラミングも学びます。

より複雑なロボット構造や高度なプログラム制御を学んでいきます。

 

リタリコワンダーの学習効果

学習効果

 

体験受講の時、コーチに学習効果を聞いてみました。

個人差があるとのことでしたが、続けているとこのような結果になるお子さんが多いそうです。

ポイント

  • スクラッチを利用して約2年間でプログラミングの考え方を習得します。
  • スクラッチは使いこなせるようになり、だいたいゲームの作成は一人でできるようになります。
  • 2年を超えると本格的なプログラミング言語を利用したアプリ、ゲームの作成のカリキュラムに移行できるようになります。

 

リタリコワンダーオンラインの口コミ

口コミのイメージ

リタリコワンダーオンラインのネットでの口コミをご紹介します。

 

 

 

総評

受講をされている方から、かなりの高評価。

講師から分かりやすく教えてもらうことでお子さんのプログラミングスキル習得を感じることができ、すこし費用が高くてもそれ以上の価値があると思われている方が多いようです。

 

5歳から通えるプログラミング・ロボット教室【LITALICOワンダー】

 

リタリコワンダーオンライン本受講前に知っておきたいこと

Q &Aのイメージ

無料体験受講をしてから本受講を考えられるかとおもいます。

その時気になるのが欠席するときや辞めたい時はどうするのかという点。

こちらにまとめました。

 

欠席や日時の変更は?

授業の前々日24時までに連絡すれば日時の変更は可能です。

ただし前日や当日の連絡では振替ができないです。

急な予定には対応できないですが、あらかじめ変更したいときは融通をきかせてくれるのはいいですね。

 

退会や休校する時は?

退会について

退塾(退会)の連絡をすることになります。

急にやめることにしても、その月は料金がかかります

すこし複雑ですが具体的には

  • 当月10日までに退塾届を提出した場合、翌月1日より
  • 当月11日以降翌月10日までに退塾届を提出した場合、翌々月1日より

といったルールがあります。

退会して再入会するときは、再度入学金が発生します

 

休会について

最大2か月休塾(休会)ことが可能です。

休塾の間、授業料はかかりません。

でも急に休むことにすると、その月は料金の免除になりません

少し複雑なので具体的にいうと

  • 当月10日までに休塾届を提出した場合、翌月1日より休塾
  • 当月11日以降翌月10日までに休塾届を提出した場合、翌々月1日より休塾

といったルールがあります。

休塾2ヶ月で自動退塾となります。

 

まとめ

リタリコワンダーオンラインではプログラミング学習といってもゲームプログラミングコース、ロボットコースといった趣のことなるコースが準備されています。

またお子さんの年齢も年長さんから高校生まで幅広く授業を受けることができるのもいいですね。

ゲームプログラミングかロボットコースで迷いそうですが、プログラミングの考え方を学ぶという点ならどちらのコースを選択しても大丈夫そうです。

お子さんの興味がゲームならゲームプログラミングコースを選択しますし、物を組み立てて動かすということが好きなお子さんならロボットコースの方が才能を発揮できます。

お子さんの興味がある方を選択するのが楽しく続けることができる分、学びも多くなります。

 

しいていうのならロボットコースではロボットを作成する時間分、パソコンにふれる機会がへりプログラミングを考えることも少なくなるかと思います。

プログラミングを学ぶことを中心にするならゲームプログラミングコースを選択するのがよいでしょう。

まずは無料体験してみてはいかがでしょう。

IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】

 

リタリコワンダーオンラインの無料体験前によんでいただくと雰囲気や必要な注意点がわかります→LITALICOワンダーオンラインの体験口コミ 知っておきたい注意点も

 

その他のプログラミング教室を比較してみるならこちらに記事をまとめました→【体験比較】おすすめの小学生オンラインプログラミング教室

 

 

-プログラミング教室の体験・口コミ