子供プログラミング教室

小学生からでもタイピングは練習しておきたい!その理由とは?

小学生タイピング練習アイキャッチ

本記事は

はてな

小学生のうちからパソコンのタイピングの練習をする必要ある?

といった疑問について説明します。

 

小学校でもプログラミングの授業が始まっています。

タイピングの授業があったよ!など授業の様子を聞くこともあるのではないでしょうか。

 

プログラミング教室でも必ずといっていいほどタイピングの練習がカリキュラムに組まれています。

なぜタイピングの練習が必要とされているのでしょうか。

 

本記事では小学生でもタイピングの練習をした方がいい理由について説明します。

あわせて実際に練習してみたおすすめのタイピングアプリもご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

小学生がタイピング練習をした方が良い理由

タイピングアイキャッチ

最近はスマホでなんでもできるからパソコンはいらないんじゃない?

と思われる方も多いかとおもいます。

でもやっぱりパソコンのタイピングは練習しておく必要あるんです。

その理由はこちら

ポイント

  1. 多くの職業でパソコンが使われているので慣れておく必要がある
  2. パソコンに苦手意識がなくなる
  3. キーボード操作でパソコンを効率よく使える
  4. 多くのプログラム言語もパソコンでしかできない

順番に説明していきます。

 

1.多くの職業でパソコンが使われている

タブレットを仕事で使われている方も多いかと思います。

でも大抵は補助的な利用だけで、仕事の作業にはパソコンを使うことが主流。

 

タブレットで動かせるアプリやソフトは少なく、

パソコン利用が主流の環境は簡単には変更できません

 

そのような理由からも将来の職場ではパソコンを利用するので、

キーボードのタイピングには慣れておく必要があります。

 

2.パソコン操作の苦手意識がなくなる

キーボード入力が苦手だとパソコンにさわることも苦手になりがちです。

 

でも小学生のころからタイピングを練習して入力操作が得意になれば、

わからないことを自分で調べたりパソコンを有効に活用できます

 

ほとんどの会社や職業ではIT化されていますので、

パソコンでの作業に苦手意識がないことは選択の幅を広げることにもなります。

 

3.キーボード操作でパソコンを効率よく使える

手で書くよりキーボード入力するほうが早くなります。

手書きよりキーボード入力のほうが1.5倍程の文字数を書くことができるという研究結果もあり、

 

頭の中で文章ができているのに手書きだとスピードが追いつかな

そんなもどかしさを感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

思いついたことを手書きでメモするより、

パソコンに入力したほうが早いしキレイで整理もしやすくなります

 

さらにブラインドタッチ(キーボードを見ないでも文字がうてる)を覚えれば格段にパソコン操作もはやくなります。

手元を見ないで画面に集中できるので作業する効率もよくなります。

 

4.多くのプログラム言語もパソコンでしかできない

お子さんが本格的にプログラミングに興味をもって学習するときにはタイピングは習得しておきたいですね。

テキスト型プログラミング言語のほとんどがパソコンのみに対応しています。

 

キーボード入力が思うようにできないとプログラム作成もはかどりません

プログラミングをするならタイピングできることが必要です。

 

小学生がタイピングを練習するタイミングはいつがいい?

タイミングアイキャッチ

タイピング練習を始めるおすすめの学習時期は小学校3年生です。

ローマ字を学校で習うからです。

タイピング練習でもローマ字で日本語入力するので習ったことをすぐに活かせます。

 

パソコンに日本語を入力することができれば、

普段疑問におもったことや知りたいことをインターネットを使って自分で調べることができるように。

 

「これってどういうこと?」

今までだったらパパママに聞いていたことでも

「パソコンで調べてみよう」と考えることができるようになります。

 

ちなみにキーボードをかな文字配列で覚えることをおすすめる方もいますが、

英語のキー配列で覚えることをおすすめします。

英語のキー配列を覚えておけばローマ字で日本語も入力できますし、

英文字入力にも困らないからです。

英語のキーボード配列は多くの国で利用されていて汎用性もあります。

タイピング練習するなら英語のキー配列で覚えましょう。

 

おすすめのタイピング練習アプリ

タイピング練習を続ければ、キーボードを見ないで入力できるブラインドタッチもできるようになるでしょう。

最初はホームポジション(FキーとJキーに両手の人差し指をおく位置)を意識することで、

速くて打ち間違いが少ない効率のよいキー入力ができるようになります。

正確にゆっくりと始めることが大事です

自然と指が覚えてくれます

 

ここからは実際に試してみた、おすすめの練習アプリをご紹介します。

1.めざせ!タイピングマスター

めざせタイピングマスタアイキャッチ

めざせ!タイピングマスターは正しい指の使い方を学ぶのに適しているタイピングアプリです。

無料で利用できます。

ホームポジションの置き方、キーの配列、指だけに絞ったタイピング練習など、はじめての小学生でも練習しやすいアプリです。

 

2.マナビジョン

マナビジョン

マナビジョンのタイピング基礎練習も正しい指の使い方を学ぶのに適しています。

ホームポジションや押したいキーに使う指もしっかり教えてくれます。

無料で利用できます。

 

2.寿司打

寿司打画面

タイピングに慣れてきたら「寿司打」に挑戦してみましょう。

無料で利用できます。

回転寿司がはじっこまで流れる前にタイピング。見ていても楽しいですよ。

タイピングの基本を覚えてからの方が楽しめます。

遊び感覚で練習できるのがいいですね。

 

まとめ

小学生でもタイピングは練習しておくほうが良いことについて説明してきました。

 

今後パソコンをつかった授業がはじまっても、

操作でとまどうことがなくスムーズに学習できることでしょう。

 

また将来どの職業についたとしてもパソコンを必要とすることが多いです。

小学生のうちからタイピングができるようにしておくとパソコンの操作が苦手でなくなります。

プログラムの作成、文章の作成、動画の編集など幅広い作業もしやすくなります。

 

スキルとして身につけておいて損はありません

タイピングの練習なら無料のアプリもたくさんありますので、ぜひ利用してみてください。

 

IT社会が今後さらに進むことを考えるとプログラミングも学んでおきたいところです。

扱いが簡単なビジュアル型プログラミングを入門として基礎をしっかり学べば将来のアドバンテージになります。

オンラインのプログラミング教室について興味をもたれましたら是非参考にしてみてください。

【徹底比較】おすすめの小学生オンラインプログラミング教室8校をご紹介

-子供プログラミング教室